ジェイド rs 中古。 【ホンダ ジェイド rs】乗り心地に特化した車、購入前の気になるポイントとは?

ホンダ ジェイド|価格・新型情報・グレード諸元

DVD再生 AV機器• 乗車人数と荷物の量によっては片面だけ倒して荷室を拡大するなどの柔軟なアレンジができます。 8NAでしたので、ターボの加速感を存分に楽しめます。 ジェイド シビック - オートハイビーム 先行車発進お知らせ機能 先行車発進お知らせ機能 路外逸脱抑制機能 路外逸脱抑制機能 LKAS 車線維持支援システム LKAS 車線維持支援システム 歩行者事故低減ステアリング 歩行者事故低減ステアリング 衝突軽減ブレーキ 衝突軽減ブレーキ 誤発進抑制機能 - 標識認識機能 標識認識機能 アダプティブ・クルーズ・コントロール 渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール 自動防眩ルームミラー 自動防眩ルームミラー 安全性能を比較すると、「誤発進抑制機能」が装備されている点では「ジェイド」の方が優れていますが、「オートハイビーム」が装備されている点では「シビック」の方が優れています。 2018年5月のマイナーチェンジでは、ガソリン車とハイブリッド車の両方に2列シート5人乗り仕様を新設定。 以前発売されていたホンダ「ストリーム」の後継となります。 真後ろから見ると幅広くフロント同様にやや重めの印象に変わります。 電動シート• いっそのこと、後期型では30万円くらい値上げして、 1. 後部座席は 座面から天井まで975mm、座席の長さは475mmありゆったりと腰かけることができます。

>

ジェイド RS(ホンダ)の中古車

最後端となる3列目の広さは、 座面から天井まで875mm、座席長と座席幅ともに425mmとなり、2列目Vスライドキャプテンシートには少し劣りますが、それでも十分な広さです。 前後のシート間隔には余裕を持たせ、足を組んでも窮屈にならない足回りを確保。 後席モニター オーディオ• 【エンジン性能】 アクセルを深く踏み込んだ時の加速感はかなりパワフルで、最初はちょっと驚きました。 ホールド感も程よくスポーティ過ぎないのが好印象。 寒冷地仕様• 昨年秋に、ガソリンRS買った者です。 パワステ• 従来までの3列シート6人乗りとは異なり、ステーションワゴンによくみられるシート配列となっています。 アルミホイール• 一般的な峠道も十分。

>

ジェイド RSの中古車を探すなら【グーネット中古車】|ホンダの中古車情報

コンソールのふたがいろいろ隠せて何気に便利です。 またマンションのためタイヤ保管は邪魔ですし、家内は疎いのでホイール変えるとまたタイヤ替えて勿体無いとか理不尽な事を言い出す恐れがあります。 グレードから探す クルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 自動駐車システム• 市街地モード WLTC-L :信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定• ある程度の交通量のあるバイパスなどでは加速後にセットしてあとは車に任せています。 プラン名 基本プラン Aプラン 5年耐久!ガラスコーティングプラン Bプラン 希望ナンバープラン 支払総額(税込) 220. なお、車名は英語で「翡翠」を意味しています。 比較的長めに試乗させてもらえたので、よくわかりました。

>

ホンダ ジェイド 1.5 RSの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

レバータイプよりは邪魔にならず良いですが、この辺りは「ヴェゼル」や「シビック」と同様の最新装備にすべきかと思います。 ジェイド、シビックの比較 ボディサイズの比較 ボディサイズについて、比較していきます。 3列シート• 助手席エアバッグ• 燃費性能の比較 燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したの値にて比較します。 それも「ジェイド」が売れなかった原因の1つであると言われています。 諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

>

ジェイド(2020年7月終了モデル)|Honda公式サイト

ホイールベースは「ジェイド」が60mm長いため、最小回転半径も「シビック」の方が小さく、小回りがききます。 同じ「1. 段差を乗り越えるときのショックの無さも、良かったように感じました。 大型センターアームレストは背もたれに、反転テーブルは座面に取り付けられています。 ですが、個人的には、3列シート車もあり、スタイリッシュなホンダ「ジェイド」は中々面白い存在だと思っています。 オットマン• 全高は「ジェイド」が100mm程度高くなっており、これは室内高にも影響します。

>

ホンダ ジェイドの後部座席(リアシート)の使い勝手はいかに

この車両の現行最新モデルとなる2018年5月発売モデルは、「NEW STYLE WAGON」をコンセプトにマイナーチェンジされ、「RS・ホンダセンシング」「X・ホンダセンシング」「G・ホンダセンシング」などのグレードが用意されています。 衝突被害軽減ブレーキ• タイヤの問題かゴツゴツ感はありますが、跳ねる事も無く、グリップ力が高く快適です。 RS専用パッケージなど、最初から付いていましたのでお得感は高いと思います。 高速道路モード WLTC-H :高速道路等での走行を想定 ・ジェイド ・1. 当方尾張地区(名古屋郊外)で積雪地区ではありません。 また、同じホンダの「ヴェゼル」、「シビック」は電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能が装備されていますが、「ジェイド」のパーキングブレーキは足踏み式のフットタイプでした。

>

【新型】ホンダ「ジェイド」と「シビック」の違いを試乗した上で徹底比較してみた【Cセグメント おすすめ】

まずは、 ホンダ ジェイドのスポーツタイプであるRSの寸法を見ていきましょう。 それでも足元には十分な余裕があり、座り心地が上質なため、3列シート車の6人乗りよりも快適です。 Bluetooth接続• アイドリングストップ• バックカメラ• 「シビック セダン」は比較的納車は早いですが、「シビック ハッチバック」はイギリス工場で生産、輸出されているため、時期によっては納車に8ヶ月以上かかるなんてこともあります。 ミュージックプレイヤー接続可• 狭い駐車場での取り廻しは、前後カメラのおかげで過去に乗った初代インプレッサ、初代フォレスター、初代モビリオと比べて不便はありません。 (マイナー後RS)標準の黒の18インチアルミは汚れが目立たず良いかもですが、冬用タイヤ装着不可と記載されています。

>

【新型】ホンダ「ジェイド」と「シビック」の違いを試乗した上で徹底比較してみた【Cセグメント おすすめ】

【総評】 人と違うモノを好む一部の人には、外車以上にレアさがピッタリ。 そうなると、「ジェイド」の2列目はキャプテンシートとなっており、2人しか座れないため、実質4人乗り車となってしまいます。 3列シート6人乗りの後部座席の特徴は、 2列目のVスライドキャプテンシートです。 ドアミラーカバーがRSは黒色でしたが、ボディ同色に変更。 最寄りの正規販売店(ディーラー)にて保証修理が受けられます。 パークアシスト 過給器• サイドカメラ• 0万円 保証 保証付 詳細については、販売店にご確認ください。 このクルマは、セダン並みの低全高が作り出す美しいフォルムとミニバンクラスの居住空間と有用性が特長です。

>