せ て うす の 船 視聴 率。 テセウスの船 最高視聴率の記録は娘の名前提案するシーンで21.5%

テセウスの船【竹内涼真主演ドラマ】視聴率一覧表&グラフ推移【速報】

第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 原作:東元俊也『テセウスの船』(講談社/既刊9刊)。 1%だったことがわかった。 (最終話を前に) 初回から大きな変動もなく、視聴率の上がり調子にあるドラマといって良いですね。 予想が付かない展開に戸惑いもあった第3話です。

>

2020年冬ドラマ21作、視聴率無視で採点! 『テセウスの船』高評価の理由

心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子は心を出産後に一家心中を図り死亡している。 犯人の動機についてもっとも気になった第5話となったのではないでしょうか? 心さんと竹内涼真が好き。 さて、ここで矛盾が生じる。 現在妊娠している。 入口で戸惑う人が多かったはず。 妻の由紀が死んだ後、音臼小学校の跡地を訪れるが、突然濃い霧に包まれ1989年1月7日にする。 1977年の音臼村祭事件で母親が誤ってキノコ汁に毒キノコを入れてしまったのが原因で、家族がバラバラになってしまっている。

>

テセウスの船 (漫画)

主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う……というストーリー。 黒幕の正体、視聴率ともに最終回が楽しみですね!! 最終話の視聴率わかり次第、追記させていただきます。 放送前こそ『また漫画原作ものか』『日曜劇場でファンタジー?』と不安視する声も少なくありませんでしたが、回を追うごとに真犯人をめぐる考察合戦が過熱するなど、盛り上がりを見せています。 文吾を「文ちゃん」と呼んでいる。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀()から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 演出の 石井康晴さんは、 『花より男子』シリーズ(2005年、2007年、2018年)・『クロサギ』(2006年)・『ウロボロス』(2015年)や大ヒットした 『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)(全てTBS)など多くの作品を担当されています。

>

2020年冬ドラマ21作、視聴率無視で採点! 『テセウスの船』高評価の理由 (1)

でも「大人みきおの時に彼が殺されてたから」「チラ見えした表情がひっかかる時が何度かあったから」という、ふわっとした理由でだから、全然動機はわからんかったけどね!(笑)ラストシーンもとてもよかった。 田村心役の竹内涼真さんがTBS日曜劇場で初主演! テセウスの船とは? 「泣ける本格ミステリー」です。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 そお最後の言葉は「心の父親だから信じてみたい」という言葉だった。 - 講談社• 「田中正志」が黒幕でした。 徳本卓也(とくもと たくや) 演 - 農家。

>

【テセウスの船】最新視聴率は?〜全10話まとめ!!

放送局:TBS系• 4%(第9話)と、2ケタ台を維持。 さらに、06年放送のドラマ『のだめカンタービレ』で主人公・野田恵役を演じると、人気が爆発。 この回は、木村(加藤)みきおが犯人として現れた放送回ですね。 心さんの死後、和子さんは文吾から心さんが何者だったかを教えてもらってる筈。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 1989年3月10日時点でぎっくり腰で入院中。 上野樹里 3月22日にドラマ『 テセウスの船』(TBS系)が最終回を迎える。

>

テセウスの船:最終回視聴率19.6%で有終の美 瞬間最高21.5% “大人慎吾”登場に視聴者「衝撃!」

そして心がたどり着いたのは、1989年1月7日 、事件が起こる約半年前の音臼村だった。 この人たちの未来は、俺が絶対に守る。 3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最高を更新し、業界関係者から「このまま最終話に向けてさらに数字を上げそう」と期待されているようだ。 。 「でも、あんたを狙ったのはそんなことじゃない。

>

テセウスの船:最終回視聴率19.6%で有終の美 瞬間最高21.5% “大人慎吾”登場に視聴者「衝撃!」

俳優の(26)が主演するTBS日曜劇場『テセウスの船』(毎週日曜 後9:00)第1話が19日放送され、初回平均視聴率が11. 4%という高視聴率獲得に成功しています。 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 旧姓は「佐々木」。 同ドラマは週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉氏による同名漫画を実写化したもので、主人公の田村心を竹内涼真が演じている。 平成元年に起きた凶悪殺人事件…殺人犯の息子・田村心が事件直前にタイムスリップ! 由紀が遺した事件の資料を手に、事件が起きた旧音臼村を訪れた心は、奇妙な霧に包まれる。

>