ニュース 速報 2 ちゃんねる。 2ちゃんねる「ニュース速報+」板で歴代7位にランクイン!辛淑玉氏の沖縄基地反対運動動画 | ガジェット通信 GetNews

ぴろり速報2ちゃんねる

ではなぜ、この「マヤの予言」が一部の人々に根強く信じられているのか。 156スレ 韓国人による2ちゃんねる攻撃 7位 2017年. 103スレ 2ちゃんねるで有名な荒らしコテハン「K5」が身バレか 14位 2014年. 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、同番組の審議入りを決めたとも報じられており、今しばらくはこの話題が続きそうである。 紀元前400年頃から16世紀にかけて、メキシコ南東部を中心に存在した古代文明のひとつであるマヤは、 大文明が誕生する必要3条件といわれる「大河」「車輪の発明」「金属(鉄の使用)」をひとつも持たずに繁栄した。 予言の発端は、マヤ文明において用いられていた約5200年(=13バクトゥン)にも及ぶ長期暦、 すなわちカレンダーが、2012年12月21日から23日の間で終わっているということ。 マヤの予言書には、「第5の太陽の時代は、紀元前3113年に始まり、5128年目に終焉(しゅうえん)を迎える」とあり、 この5128年目が西暦2012年12月21日から23日にあたるため、この日が「人類滅亡の日」ではないかといわれているのだ。

>

2ちゃんねる「ニュース速報+」板で歴代7位にランクイン!辛淑玉氏の沖縄基地反対運動動画 | ガジェット通信 GetNews

。 現在、私たちが日々使っている暦は、西暦と呼ばれるグレゴリオ暦で、1年を365. 170スレ 東京五輪組織委、佐野氏のエンブレム原案を公表 6位 2010年. 1999年のノストラダムスの予言も代表的なひとつだが、もちろん人類は滅亡することなく、現在も文明は続いている。 ブログって自由に書けるから面白い。 263スレ 朝日新聞社員2ちゃんねる差別表現書き込み 4位 2008年. 311スレ 尖閣諸島中国漁船衝突映像流出 2位 2016年. 104スレ 佐野研二郎トートバッグ問題 13位 2015年. 230スレ 毎日デイリーニューズWaiWai問題 5位 2015年. 過去、幾度となくこういった「人類滅亡の予言」が話題となった。 それは、マヤ文明が非常に高度な文明であったこと、そして謎に包まれた文明であることに起因している。 133スレ 辛淑玉氏が犯罪教唆「年寄りは嫌がらせをして捕まれ」 沖縄デモ 8位 2015年. 作家の百田尚樹氏や松井一郎・大阪府知事は、2月7日に放送された「虎ノ門ニュース」でそのことについて語った。

>

ぴろり速報2ちゃんねる

287スレ 鳥越俊太郎「女子大生淫行」疑惑 週刊文春 3位 2009年. 101スレ 韓国旅客船沈没事故 15位 2014年 95スレ 橋下氏と在特会・桜井誠会長の面談 10分で終了 15位 2015年 95スレ 高槻少女殺害事件 遺体は中1女子、同級生の男子も行方不明 15位 2017年 95スレ 駐韓大使ら一時帰国へ 少女像設置へ対抗措置 今回、サーバが落ちていた時間もあり、最初のスレッドがたってから96時間に多少のアディショナルタイムがとられていたようだが、いずれにせよ「7位」という順位はほぼ確定のようである。 しかし、文明が絶頂にあった9~10世紀にマヤ人たちは突如、姿を消し、都市が次々と放棄されるなど、 いまだに大きな謎に包まれており、「人類最後のミステリー文明」とも呼ばれている。 この事実は、考古学の常識を超えているのだ。 111スレ 「パナマ文書」流出に世界中がパニック 11位 2011年. この「マヤの予言」のXデーがいよいよ目前に迫ってきた。 マヤの伝説によると、この長期歴の周期ごとに地上には破壊と再生が繰り返されてきたが、 この13バクトゥン終了以降は、新たな暦がまったく記されておらず、暦自体が終了している。

>

ニュース速報+2ちゃんねる

106スレ バードカフェお粗末おせち問題 12位 2015年. また、4万種を超えるマヤ象形文字と20進法を自在に操り、天文学や数学が異常に発達した超文明だったことがわかっている。 「ニュース女子」問題に関しては、司会をつとめる東京新聞・論説副主幹の長谷川幸洋さんに謝罪を求める有志が大々的に記者会見を開くなどして波紋がひろがっている。 そのマヤ文明では、特に天文学の発達、暦の正確さは驚異的だった。 。 。

>

2ちゃんねる「ニュース速報+」板で歴代7位にランクイン!辛淑玉氏の沖縄基地反対運動動画 | ガジェット通信 GetNews

。 。 。 。 。 。 。

>

ぴろり速報2ちゃんねる

。 。 。 。 。 。 。

>

ぴろり速報2ちゃんねる

。 。 。 。 。 。

>

ニュース速報+2ちゃんねる

。 。 。 。 。 。 。

>