ベ ポタ スチン ベシル 酸 塩 錠 10mg。 製品詳細│製剤情報│医療関係者のみなさま│ニプロESファーマ【リライアブルジェネリック】

ベポタスチンベシル酸塩錠10mg「タナベ」の添付文書

ベポタスチンの効果 ベポタスチン錠は蕁麻疹、花粉症を含むアレルギー性鼻炎(鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状)、湿疹・皮膚炎などに伴うかゆみに対して効果がある薬剤です。 門阪利雄 他, 臨床医薬, 13 5 , 1155-1168, 1997. 本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。 本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。 アレルギー症状を引き起こす物質( ヒスタミンなど)の体内での産生や放出をおさえ、また、その物質の働きをおさえます。 ベポタスチンの特徴は、効果の強さと眠気の出にくさのバランスがよく使いやすい点が挙げられます。

>

ベポタスチンの効果や副作用|AGの発売日や薬価、先発医薬品、ジェネリック、OTCについても|薬インフォ

・のそう痒• ベポタスチンを成分として含む薬剤の代表例としてタリオン錠の他、ジェネリック医薬品であるベポタスチン錠があります。 慎重投与 腎機能障害のある患者[本剤の血中濃度を上昇させることがあり、また、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、低用量 例えば1回量5mg から投与するなど慎重に投与し、異常が認められた場合は減量、休薬するなど適切な処置を行う]。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 ベポタスチンベシル酸塩OD錠10mg「タナベ」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 4.本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。

>

タリオン錠10mg

消化器: 頻度不明 口渇、悪心、胃痛、胃部不快感、下痢、口内乾燥、舌炎、嘔吐、腹痛、便秘。 人により副作用の発生傾向は異なります。 こちらもタリオンの製薬会社が情報提供しているインタビューフォームの資料が根拠となります。 熊谷雄治 他, 臨床医薬, 13 5 , 1169-1185, 1997. 腎臓: 頻度不明 尿潜血、尿蛋白、尿糖、尿ウロビリノーゲン、尿量減少、排尿困難、尿閉。 川島一剛 他, 臨床医薬, 19 6 , 637-648, 2003. 6円とされており、いずれもベポタスチンのジェネリック医薬品を使用した方が経済的と言えます。

>

医療用医薬品 : ベポタスチンベシル酸塩 (ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「タナベ」 他)

本田浩子 他, 薬理と治療, 25 4 , 879-888, 1997. 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• ベポタスチンベシル酸塩錠10mgの製品例の用法用量の詳細は以下のとおりです。 ベポタスチンが効かない場合の対処法 ベポタスチンが効かない、効果を感じないといった時にまず確認したいのが、正しい用法用量でベポタスチンを使用できているかという点です。 谷藤直子 他, 日本薬理学雑誌, 110, 19-29, 1997. したがって、ベポタスチンとはタリオンのジェネリック医薬品の販売名もしくはタリオンの成分名を指すことになります。 (重要な基本的注意) 1.眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 ベポタスチンの市販薬としての承認は、処方薬の先発医薬品であるタリオンの製造販売業者である田辺三菱製薬が、平成29年9月27日に取得しており、タリオンR、タリオンARという市販薬名で承認されていません。 この結果からベポタスチンは1回の使用で12時間以上効果が持続すると考えられます。 ベポタスチンは1日2回使用する薬ですので、1回の使用で12時間以上効果が持続すれば、2回で24時間以上となるので、1日中効果が持続する計算となります。

>

医療用医薬品 : ベポタスチンベシル酸塩 (ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「サワイ」 他)

また、ベポタスチンは抗アレルギー薬の中では効果の強さは中程度の部類に入ります。 しかし現時点では販売に至っておらず、市販ではベポタスチン購入できない状態となっています。 成人:ベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回経口投与する• 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 3.消化器:(頻度不明)口渇、悪心、胃痛、胃部不快感、下痢、口内乾燥、舌炎、嘔吐、腹痛、便秘。 本剤は使用成績等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 6.腎臓:(頻度不明)尿潜血、尿蛋白、尿糖、尿ウロビリノーゲン、尿量減少、排尿困難、尿閉。

>

医療用医薬品 : ベポタスチンベシル酸塩 (ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg「サワイ」 他)

なお、ベポタスチンの先発医薬品であるタリオン錠では、タリオン錠10mgで41. 重度の症状には別の抗アレルギーが向いているケースもあるため、正しい用法用量でも効果を感じない場合は処方医に相談してみるようにしましょう。 高齢者への投与 本剤は、主として腎臓から排泄されるが、一般に高齢者では生理機能が低下していることが多いため高い血中濃度が持続する恐れがあるので注意する。 ベポタスチンベシル酸塩OD錠10mg「サワイ」と標準製剤を健康成人男子にそれぞれ1錠(ベポタスチンベシル酸塩として10mg)空腹時単回経口投与(クロスオーバー法)し、血漿中ベポタスチン濃度を測定した。 通常,成人にはベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回経口投与する. なお,年齢,症状により適宜増減する. ベポタスチンベシル酸塩錠5mg「タナベ」/ベポタスチンベシル酸塩錠10mg「タナベ」 添付文書 ベポタスチンの小児への使用 ベポタスチンは先発医薬品のタリオンのみが小児への適応が認められており、ジェネリック医薬品のベポタスチン錠では小児の使用は適応の範囲外となります。 症のそう痒• ベポタスチンは、アレロック、アレジオン、クラリチン、ジルテックなどの第2世代の抗ヒスタミン成分の中では抗アレルギー作用は中程度くらいとされており、眠気の副作用も比較的抑えられている薬の一つです。 保管上の注意 開封後防湿。 近年ではジェネリック医薬品の販売名は、薬の成分名で統一させる方針となっており、成分名がそのままジェネリック医薬品の販売名となります。

>