アリバイ の ダイヤル コロンボ。 刑事コロンボ12「アリバイのダイヤル」を久々に観る

34話「仮面の男」

犯行:往年のミュージカル映画の名場面を集めた映画「ソング&ダンス」が公開されたことを機に、ネッド・ダイヤモンドを口説いてミュージカル復帰を宣言する。 犯人は「。 これはコロンボの所属するロサンゼルス市警の略称(Los Angeles Police Department)と一致する。 ノベライズ版の「刑事コロンボ/消える女」(放映版の題名は「だまされたコロンボ」)では、スコットランド・ヤードの ダーク刑事部長が再登場し、出所後の二人について語る場面があるが、それによるとリリアンについては出所後、小さな劇団を作ってまだ役者を続けているという。 本名をジョン・シュネリングといい、過去に軍役逃避した秘密を持っていた。 に 雷豆富 より• 職業:• むろん、アリバイをつくるためである。 なお、マロリー役は、実際の著名作家であるミッキー・スピレインが演じた。

>

NHK番組表・トップページ

犯行:遊びの女性との就寝中に、作家である恋人のテレサから突然別れの電話がかかってくる。 備考:旧シリーズ第4シーズンの「祝砲の挽歌」、同第5シーズン「仮面の男」で犯人を演じたパトリック・マクグーハンが再々登板するとともに、本作の監督をも務めた。 周辺の人や犯人からペン類を借りて、そのまま忘れて持ち帰りそうになってしまうことも多い。 邦題はアメリカでからまで放映された45本を「刑事コロンボ(けいじ-)」、からまで放映された24本を「新刑事コロンボ(しんけいじ-)」。 レインコートには裏地がなく、としては役立たない(コロンボ本人も寒がっている描写が何度かある)。 現在販売されているソフト版では、登場人物の吹き替えが別の声優のものに変わっている場面が部分的にある。

>

[mixi]アリバイのダイヤル

著者ウィリアム・リンクとリチャード・レビンソンとして訳者名が記載されていてもそれは訳者(を名乗る者)による日本独自のノベライゼーションであり、元になった英語の小説というものは存在しない。 に やす より• コロンボはあまりお金を持ち歩かないので、コロンボが飲食店などでお金が足らず支払いができない場合には相棒が代わりに払わされることが多い。 この作品で秀逸なのは、プールと氷を使った手口とラストのアリバイ崩しにある。 保守的な政治手法で、民主化を求めるデモ隊からは退陣するよう槍玉に上がっている。 ピーター・フォークが亡くなった時は、マジで悲しかったです。 直接手を下したのはジャスティンである。 ドラマではジャスティンが犯行を主導しているが、ノベライズ版ではクーパーが主犯になっている。

>

刑事コロンボ 12話『アリバイのダイヤル』一度は考える?氷と電話の完全犯罪

その後、犯人ポール・ハンロンのオフィスで、弁護士ウォルター・キャネルと会話し、 「すいませんけど、あなたのその靴、おいくらしました?」と尋ねる台詞がある。 状況証拠と証言だけでの真相解明を目指さず、守秘義務に関係無く捜査状況を容疑者本人に逐一報告することで感情の機微や証言の小さな差異をあぶり出し、それらを手がかりに矛盾点を突きつけ焦らせて心理的誤誘導するなどし、最終的には理詰めで追い込んで犯行を認めさせるという捜査方法を多々用いる。 ウィリアムソンはこの年、『』でもフォークと共演している。 テレビミステリーシリーズにおいて、際だって著名な俳優(いわゆる大物俳優)や個性的な俳優を犯人として配役した場合、彼らの登場時点で視聴者に真犯人がわかってしまい、「最後まで犯人が分からない」というストーリーを成り立たせることは難しい。 なお、フランク・コロンボの英語版の記述に依ると、設定上はコロンボの実の姉妹にも「ローズ」という名前の人物が存在するとされているが、この一連のやり取りの中でコロンボが言及した「 ローズ・コロンボ」という人物は、スピーチの文脈上は「 カミさんの本名」であると解釈されるものであり、米国のファンの間ではこの時のスピーチが、フォークがコロンボのパーソナリティの下でカミさんの本名に言及した史上唯一のシーンであると認識されている。 日本語版の放送は当初がテスト用に持っていたでに放送され、その後で同年より放送された。

>

刑事コロンボ/アリバイのダイヤル の レビュー・評価・クチコミ・感想

妻や姑の前では愛妻家として振る舞い、コンサートではいつも妻が摘んだカーネーションをタキシードにつけて壇上に上がっていた。 これにより、「犯人」、「被害者」、「刑事」の3役を担当することとなった。 NHK総合でのレギュラー放送は放送の第40話「殺しの序曲」が最後となった。 それにしたって、今回の内容は弱い。 途中で公衆電話からエリックに電話をする。 コロンボの名前 [ ] シリーズを通して劇中でコロンボのファーストネームが登場したことは一度もない。 また、つい犯行現場を荒らしてしまうくせがあり、目覚ましに勝手に現場の水道を使って顔を洗ったり、凶器の鉄棒やパトカーでの殻を割ったり、ぼーっとして葉巻の灰をじゅうたんの上に落としてしまう等、軽率な行動も多いがそれが結果的に犯罪を暴くきっかけになる場合がほとんどである。

>

刑事コロンボ/アリバイのダイヤル の レビュー・評価・クチコミ・感想

字幕放送は本作品放送時のみ収録番組と同様タイムラグなしで表示)。 夫婦仲は良好。 なお、[NBCミステリー・ムービー]のテーマ曲の主旋律に用いられているポルタメントが印象的な楽器は、「オンドマルトノ」であるという意見が見受けられるが、どうやら「Clare Fischer氏」の演奏によるYAMAHAのオルガン「YC-30」である、という説が濃厚である。 年の離れた夫ポールと結婚したのも、法曹界の大物である彼を自身の出世に利用するためで、愛情は全く持っていない。 火のついていない安葉巻を携帯しているが、やは大抵誰かに借りている。 第4シーズン 第27話「逆転の構図」より。 備考:犯人の妻ヴァネッサを演じたは、コロンボ役のピーター・フォークの妻である。

>

刑事コロンボ/アリバイのダイヤル の レビュー・評価・クチコミ・感想

コロンボ全作中最多の3つの事件が発生する。 そして、殺人の決定的な証拠を得られず焦るコロンボと、興味津々で報道を続けるマスコミ陣の前に、殺されたはずのダイアンその人が姿を現す。 主演男優賞・ミニシリーズ部門:ピーター・フォーク(1975年)• これは旧シリーズ最終エピソードである第45話「策謀の結末」の時点でも完全には直っておらず、ボディ後部に歪みが残っている事が確認できる。 Blu-ray Disc [ ] 日本では、2011年6月23日に死去したコロンボ役のピーター・フォークに追悼の意を込め、から2011年12月2日に全69話を収録した BOX『刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX』(品番:GNXF-1245)が発売された。 犯行:オリバーとバーディは古くからの友人で、事務所の共同経営者であり、またシグマ協会のメンバーであった。 シャトナーの吹き替えを担当した山城は、後に「」第2シリーズで、犯人役の元マジシャンであるクラブオーナーを演じている。 被害者:大学法学部教授、 D・E・ラスク(演:ジェームズ・ストリウス)• 知能指数の高い者だけが入れる「シグマ協会」(モデルは)のメンバー。

>