五 十 歩 百 歩 現代 語 訳。 孟子を読む

【五十歩百歩】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

国中はついに定まった。 27.存在する動物 猴(おおざる)・黒雉 きじ がいる。 文書や授けられた贈り物を伝送して女王のもとへ届けるが、数の違いや間違いは許されない。 別嘆聖衆功徳 仏、阿難に告げたまはく、「かの国の菩薩は、みなまさに一生補処を究竟すべし。 心堅く意固く、まさにすることなし。 養生喪死無憾、王道之始也。

>

魏志倭人伝(原文、書き下し文、現代語訳)

『説文解字』等を追ったが間違いとも思えないので、ひとまず1. 無量の諸仏を恭敬し供養したてまつりて、つねに諸仏のためにともに称歎せらる。 官は多摸と曰い、副は卑奴母離と曰う。 ただ春耕秋収を記して年紀としているだけである。 ショウガや橘、山椒、茗荷などがあるが、(それを使って)うまみを出すことを知らない。 時に応じて無量尊、容を動かし欣笑を発したまひ、口より無数の光を出して、あまねく十方国を照らしたまふ。

>

五十歩百歩

珍妙殊特にして世の所有にあらず。 則ち之を如何」と。 山島に依り国邑を為す。 竹木叢林多し。 千余戸がある。 汝は種族の者を安んじ落ち着かせるそのことで、(私に)孝順を為すよう勉めよ。

>

「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)」の意味は?由来や使い方も解説!

たとひ化仏・、もしは一、もしは多、乃至、十方に遍満して、おのおの光を輝かし、舌を吐きてあまねく十方に覆ひて、一々に説きてのたまはく、「釈迦の所説に、あひ讃めて一切の凡夫を勧発して、〈専心に念仏し、および余善を修して、すればかの浄土に生ずることを得〉といふは、これはこれ虚妄なり、さだめてこの事なし」と。 どうか戦いで喩えさせてください。 (王頎は)塞曹掾史の張政等を派遣し、張政は詔書、黄幢をもたらして難升米に授け、檄文をつくり、これを告げて諭した。 それは(白い絹の喪服を着て沐浴する)中国の練沐のようなものである。 「王様は戦争がお好きです。 明諸仏讃勧 仏、阿難に告げたまはく、 行巻 5 「無量寿仏の威神極まりなし。 ただわが清浄の信心を増長し成就せん。

>

五十歩百歩の意味!漢文の書き下し文と現代語訳も

といっても実際に天下を取ったのは子の武王(ぶおう)の代から。 それぞれ上の人に臣服するにたる 臣服するに十分な上下関係の秩序がある。 四重破人 第一破 解行不同人 もしの人多く経論を引きて来りてあひ妨難し、証して「一切の罪障の凡夫往生を得ず」といふに逢はば、いかんがかの難をして、信心を成就して、決定してただちに進みて、を生ぜざらんや。 ただ百歩でないというだけだ。 河内凶 ナレバ、則 チ移 二 シ其 ノ民 ヲ於河東 一 ニ、移 二 ス其 ノ粟 ヲ於河内 一 ニ。 40.裸国・黒歯国 また、裸国 はだかの人の国 ・黒歯国 お歯黒の人の国 があり、 またその東南に在る。 径(さしわたし)は百余歩・徇葬者(じゅんそう)の奴婢は百余人であった。

>

魏志倭人伝の現代語訳で「邪馬台国と卑弥呼」の時代を想像してみよう!

これは、女王の境界のつきるところである。 8.不弥国 東行して不弥国 筑前の国、糟屋郡の宇瀰、いまの宇美町付近 にいたる。 文選よりやや遅れてなった「玉台新詠集」にも、同じ内容のものが、順序を異にして収められているほか、歴史上折につれて編纂された詩歌集に必ずといっていいほど収められてきた。 徇葬者は男女の奴隷、百余人である。 並びに、詔(=制詔)をもたらし、金、帛、錦、罽、刀、鏡、采物を下賜した。

>

『塞翁が馬(さいおうがうま)』原文・書き下し文・現代語訳

「今の話を聞くと、それはきっと気丈な奥さんの魂がいらして、長年の恨みをお前さんに語られたに違いない。 みな倭 種である。 六和敬を修してつねに法施を行ず。 窃盗せず、訴えごとも少ない。 男子は、皆、露紒し、木綿を以って頭を招(しば)る。 文書、賜遺の物を伝送し女王に詣らすに、差錯するを得ず。

>

【五十歩百歩】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

つぎに好古都国(をかだこく)がある。 ある者は百歩逃げて立ち止まり、ある者は五十歩逃げて立ち止まりました。 なにをもつてのゆゑに。 数ヶ月たつと、その馬が胡から駿馬を連れて帰ってきた。 男子は皆、(何もかぶらず)結った髪を露出しており、木綿で頭を縛り付けている。 官は伊支馬有り。

>