コロナ ウイルス 死者 世界。 cmbrewster.com : 新型コロナ死者、世界で100万人突破

新型コロナ世界の死者数140万人超 結核上回る

4月以降、感染拡大の勢いが増している。 直近では800人前後で推移している。 また、厚生労働省の同日公表資料では、日本の感染者数は8万5739人となり、中国の8万5470人を上回った。 それ以降は、15~21日ごとに10万人が増える状況が続いてきた。 。

>

人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移【国別】

感染者数について、検査で来ている人数は国ごとで異なりますから、人口10万人当たりのコロナ死亡者、という数字も国ごとに出してはいかがでしょうか? 感染者の数、回復率、は、検査で来ている数が違うために、多い少ないで単純に危険度は図れませんよね。 今の日本は医療体制ではなく政治に問題があるのでは? 日本(都道府県別)のサイト情報とこちらのデータをEXCELにコピペし、日々時系列で状況を確認しています。 4月28日の300万人突破から12日で100万人増加した。 ブラジル感染者数が33万人で世界2位に(5月23日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター CSSE の集計で、日本時間23日、ブラジルの感染者数が33万人となり、世界第2位の感染国となった。 米国の1日当たりの感染死者数は4月に2000人を上回っていたが、7月上旬に500人程度まで減少。 特に6月以降に急増している。

>

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(7日午後8時時点) 死者153.5万人に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

米国の感染者数が800万人を突破(10月17日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で日本時間17日未明、米国の新型コロナウイルス感染者が800万人を突破した。 7万人とブラジルに肉薄している。 感染者も14%以上増えて4万7021人になった。 本稿では、地域間の比較に重点をおいて、「累積の感染者数の推移」の折れ線グラフ、しかも「対数」でのグラフを使用する。 インド、連日6万人超ペースで増加(8月27日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で日本時間27日午前、世界の感染者数が2408万人となっている。 ペルー、チリ、エクアドルでも感染者はハイペースで増加しており、冬を前にした南米全体でウイルスが猛威を振るっている。 一方、5月に入って感染爆発が起こったのはブラジルで、既に感染者は60万人を突破。

>

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者6640万人超 死者約153.2万人

世界全体の死亡者数の27. 世界の感染者約310万人の3分の1に相当する100万人が米国、その約3割がNY州の感染者ということになる。 南米では発生状況の把握が遅れていることもあり、さらに深刻な感染状況が予想される。 感染者数が最も多いのは米国の666. このうちNY州は3分の1超に相当する12万人。 だが、それでもなお深刻な感染状況が続き、医療が対応しきれないこともあって各国で死者が増えている。 自粛行動以上にまずは判明した感染者に接触された方を全て検査し、 隠れた感染者の発見を優先する必要があると思います。 米国の第2波本格化、ブラジルも連日4万人増ペース(6月25日) 日本時間25日夜の時点の米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、新型コロナウイルス感染者数が945万人となった。 11月1日の2倍以上、10月1日の3倍以上にあたるという。

>

世界の死者150万人超 米国では最多記録―新型コロナ:時事ドットコム

米国、ブラジル、インドの急増が続いている。 南米、南アジア、中東の感染拡大が懸念される。 死者が50万人に達したのは6月29日で、そこから3カ月でさらに50万人増えた。 各国の感染者数の推移 英チャールズ皇太子が感染(3月25日) 英王室チャールズ皇太子の感染が確認された。 この4カ月余りを過ぎた時点で、地域によって感染拡大のテンポや規模がどのように違っているかを、世界各国と日本の国内で振り返ってみたい。 逆に、罹患者全員重症で、将来的に死亡率100%になりそうなところで、実際に死ぬまでは死亡率0だよ。 米国の感染者数が20万人を突破(4月3日) 米国の感染者増が加速している。

>

コロナによる死者、世界で150万人超に 流行拡大続く [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

米国にスペイン、イタリア、フランス、ドイツ、英国を加えた6カ国の感染者は192万人に達し、世界の中でも欧米主要国がウイルス拡大の中心となっている。 この背景には貧困層を中心に感染が拡大し、検査で陽性とわかっても、住環境の問題から隔離措置を十分にとることができない場合が多いうえ、人工呼吸器の数が少ないなど医療体制も整っていないことがあるとみられています。 足もとでは欧米の感染者増下ペースはやや緩みつつある一方で、南米や南アジアでの感染拡大が顕著となっている。 死亡者は約47万人。 世界の感染者3000万人を突破(9月18日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で、日本時間18日朝の時点で世界の感染者数が累計で3000万人を突破した。

>